浮気調査料金事例

浮気調査を依頼するといくらかかるのか。

ここでは実際に当探偵事務所で受けた浮気調査を例に、その簡単な内容・結果及び調査料金の総額を紹介してみたいと思います。

相談内容

依頼者様は妻(30代後半)、対象者は夫(40代前半)の浮気調査。

半年ほど前から夫の言動に対して何となく違和感を感じており、相談時の2ヶ月ぐらい前から帰りが遅くなること(深夜3時~4時)が増えたということで当探偵事務所に相談に訪れた。

朝、仕事に出かける前に帰りが遅くなることを告げていく場合と、出社後に遅くなると連絡をしてくる場合があるので、朝の時点で遅くなることが分かった日の勤務終了後を狙って浮気調査を実施することになった。

調査結果

調査1回目

調査契約をした週の金曜日、対象者が「帰りは遅くなる」と言って出かけたため、その日の勤務終了時刻(定時17時)から調査を実施した。しかし結果は空振り。

17時から会社の明かりが消える21時30分頃まで張り込みを続けたが、対象者は会社から出てこなかった。

17時前に会社を出ていたと考えられる。そのため、これ以上の張り込みは意味がないと判断。

依頼者様と相談後、その日の調査は終了した。終了時刻は22時。

調査2回目

前回の調査で対象者は定時前に会社を出る可能性があることが分かったため、昼の12時から張り込みを開始した(今回の調査から浮気調査20時間プランの契約)。

対象者が18時過ぎに会社を出たのを確認、尾行を開始した。電車に乗り数駅の移動、その後A駅で電車を降りた。

対象者が駅から数分のアパートに入るのを確認、オートロック式ではなかったため、部屋の号室まで判明した。

対象者が部屋に入って1時間後、アパートの駐車場に1台の車両が停車した。その車両から30歳前後と思われる女性が降りてきて対象者の部屋に入っていった。

深夜2時過ぎ、対象者と女性が部屋から出た。対象者は女性の車両に同乗して移動、対象者自宅から数分の場所で車両から降り、徒歩で自宅方面へ向かう。

その後、女性の車両を追跡して女性の自宅と思われるマンションを突き止めた。終了時刻は3時。

調査3回目

逢瀬の場所がアパートということで、2人の関係の継続性を証明したほうが良いと判断し、残りの契約時間5時間を使って3回目の調査を実施することになった。

今回は当該アパートで張り込みをして対象者と女性を待つことにした。

17時から張り込みを開始して2時間を経過した19時過ぎに、女性の車両がアパートの駐車場に現れた。

車両には女性と一緒に対象者も乗っていた。2人がアパートの部屋に入るのを確認。

前回の調査と同じく深夜2時過ぎに対象者と女性が部屋から出るのを確認した時点で、調査を終了した。終了時刻は2時。

3回の浮気調査でアパートへの出入り2回と女性の自宅マンションに関する情報を確保。アパートは2人が密会するために借りていた。

調査料金

調査1回目

契約プラン:浮気調査1日プラン=51,840円(税込み)
調査時間:17時~22時(5時間)
延長1時間:12,960円(税込み)
経費:800円(ガソリン)

調査2回目

契約プラン:浮気調査20時間プラン=237,600円(税込み)
調査時間:12時~翌深夜3時(15時間・20時間プラン残り5時間)
経費:1,600円(ガソリン)・462円(電車賃)・300円(パーキング)

調査3回目

契約プラン:浮気調査20時間プラン(残り5時間)
調査時間:17時~翌深夜2時(9時間・20時間プラン残り‐4時間)
延長4時間:51,840円(税込み)
経費:960円(ガソリン)

調査料金総額(経費含む):358,362円

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。