料金事例紹介

浮気調査を依頼するといくらかかるのか。

ここでは実際に当探偵事務所で受けた浮気調査を例に、その簡単な内容・結果及び調査料金の総額を紹介してみたいと思います。

相談内容

結婚4年目、共に20代後半のご夫婦。

依頼者様(妻)の話ではここ数ヶ月の間、週末になると対象者(夫)が実家に帰ることが増えたとのこと。

「地元の友達に会う」とか「実家に用事がある」という理由をつけて帰るらしいのだが、その頻度が高すぎることから依頼者様は夫の浮気を疑うようになり、当探偵事務所に来社した。

頻繁に実家へ帰る以外にも、毎週1、2回は同僚との飲み会で遅くなることがあるらしいのだが、これについても浮気相手と会っているのではないかと依頼者様は疑っていた。

そこで事前に飲み会がある日が分かれば、まずはその日に調査を行い、何も起こらなければ週末に実家からの調査を実施することになった。

調査結果

調査1回目

調査契約の数日後、飲み会の日が分かったとの連絡を依頼者様から受けたので、指定の日の17時から調査を実施することを決めた。調査開始場所は対象者(夫)の勤務先出入口。

19時過ぎに出てきた10名前後の団体の中に対象者の姿を確認。対象者はその中の4名と一緒に歩き始めた。女性は2名で1名は対象者と同じ年代に見えた。

対象者を含む5名は居酒屋に入り3時間ほど過ごした。居酒屋を出た5名はそのまま駅方面に移動、途中3名(男性・女性2名)と2名(男性・対象者)に別れそれぞれ別の駅から電車に乗ったことを確認して調査を終了した。終了時間は23時。

調査2回目

初回の浮気調査を終えたその週の週末、対象者が実家に帰るとのことで調査を実施することになった。

対象者は金曜日の仕事を終えると自宅に戻らず実家に帰るらしい。調査は土曜日の朝8時、対象者の実家スタートで開始した。

9時30分頃に対象者が実家を出るのを確認、その後徒歩で最寄の駅まで移動して電車に乗った。

東京都内のA駅で電車を降りると改札を通過して誰かを待つような素振りを見せる。10分ほど経過した頃に1人の女性と合流して歩き始める。

移動中は手を繋いだりして親密な関係であることをうかがわせた。公園のベンチで食事をしたあと電車で移動して都内の数箇所を回る(カラオケや夕食など)。

20時頃にB駅に到着。雰囲気からして女性は帰宅するようだ。2人はすぐには別れず改札付近で抱き合い始める。

この際、キスを何回かしたのを確認。対象者と女性が改札で別れたので女性の尾行を開始した。その後、女性が女性自宅と思われるマンションに入るまで尾行をしてその日の調査を終了。終了時間は21時。

調査3回目

2回の調査で浮気の証拠(不貞行為)が撮れなかったので、対象者が実家に帰るタイミングで再び調査を実施した。

前回の調査と同じく場所は対象者実家、8時に調査開始。10時頃に対象者が実家を出るのを確認。

最寄の駅から電車に乗り、東京都内のC駅のホームで浮気相手(前回の女性と同一人物)と合流。

電車で移動しながら都内を数箇所回った後、16時頃にラブホテルに入るのを確認した。

その後、20時頃にラブホテルを出てくる対象者と女性の姿を確認したところで調査を終了した。終了時間は20時。

3回の浮気調査で浮気の証拠と女性の自宅及び勤務先(初回の調査時に対象者勤務先から出てきていたのを、撮影した映像で確認)の情報を確保。

調査料金

契約プラン:浮気調査30時間プラン=324,000円(税込み)

調査1回目

調査時間17時~23時(6時間・残り24時間)
経費:2,140円(電車賃)

調査2回目

調査時間8時~21時(13時間・残り11時間)
経費:4,156円(電車賃)

調査3回目

調査時間8時~20時(12時間・残り‐1時間)
延長1時間:12,960円
経費:4,136円(電車賃)

調査料金総額(経費含む):347,392円

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。