浮気の苦しい言い訳を紹介

夫(妻)や彼氏(彼女)が浮気している証拠を確保したとしましょう。

ここでいう浮気の証拠とは「不貞行為」があったと立証できる証拠のことです。

しかし、そんな浮気の証拠を突きつけられても、いろいろな言い訳をして浮気の事実を認めようとしない人たちもいるのです。

「こちらには浮気の証拠があるのだから大丈夫、そんな言い訳通用しない!」と考えてしまいがちですが、本当に大丈夫でしょうか?

残念なことにそんな「苦しい言い訳」が通用してしまう場合もあるのです。

ここではいくつか例を挙げて「苦しい言い訳」が通用するケース、しないケースを紹介してみたいと思います。

(不貞行為については当ウェブサイト【裁判でも通用する浮気の証拠】のページで説明しています。内容が重複している部分も多いと思いますが、ここでは言い訳という部分に関して、より詳しく説明してみます)

宿泊施設の場合

ラブホテルの場合

ホテルや旅館への宿泊は浮気の証拠として最も多いものだと思います。

浮気で利用される宿泊施設といえばラブホテル。ラブホテルへの出入りを証拠として押さえられた状況で言い訳をする人は少数だと思いますが、中には「他の人に聞かれたくない悩みの相談にのっていた」「お酒によって歩くのもつらいので休憩していた」などと苦しい言い訳をする人もいます。

いやいや、本当に苦しい言い訳ですよね・・・人に聞かれないように相談したいということならカラオケボックスでも、個室ありの静かな飲食店でもいけばいいだけですし、休憩したいのなら喫茶店に入るなりベンチに座るなりすれば済む話です。

とにかく異性とラブホテルに入っておいて、何か言い訳が通用するなんていうことはほとんどありえません。

ビジネスホテルの場合

ラブホテルではなくビジネスホテルだった場合はどうでしょう。

考えられる言い訳の例としては「仕事の打ち合わせをしていた」「具合が悪くなって休んでいた」などでしょうか。「仕事の打ち合わせをしていた」という言い訳をされた話は、過去、実際に何度か相談者様から聞いたことがあります。

あと、これは言い訳というより開き直りに近いかもしれませんが「ビジネスホテルに一緒に泊まったのは事実だが、性的関係は結んでない」と最後まで不貞行為の事実を認めないパターン。

これも過去の浮気調査で調査終了後、実際に相談者様から聞いた話です。

ただし、一緒にビジネスホテルに泊まったことや、定期的に会っていたことは悪かったと認め、最終的には小額ですが慰謝料を払ってきたそうです。

本当に性的関係を結んでいないのであれば慰謝料など払う義務はないはずです。

では、なぜ小額の慰謝料を払ったのか。それは「事実として性的関係はあった、しかし認めれば多額の慰謝料を払うはめになるから、性的関係以外は認めて穏便に済ませよう」という、ずる賢い考えが理由でしょう。

では、ビジネスホテルへの宿泊は浮気の証拠にならないのかというと、そうではありません。

前述の「仕事の打ち合わせ」や「宿泊したが性的関係はない」といった言い訳は、第三者からしてみれば眉つばものです。

ですからこの場合、配偶者と浮気相手が一緒にビジネスホテルへ定期的・継続的に宿泊していることを証明できれば前述のような言い訳は通用しませんし、調停や裁判でも不貞行為の事実が認められやすくなります。

また、ビジネスホテルへの宿泊の証拠が1回だけだったとしても、それ以前に配偶者と浮気相手が親密な関係(キス・身体の触れ合い)であると証明できていれば不貞行為の事実が認められる可能性は高まります。

浮気の事実を認めない人たち~苦しい言い訳2」に続きます。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。