夫・妻が浮気をしているかもしれない・・・
探偵に浮気調査をお願いしようかな・・・
でも、分からないことが多くて不安・・・

今回の記事は上記のような方のためのものです。

当探偵社のブログでは、これまでも調査の技術的なことや調査にかかる費用等、浮気調査に関する様々な情報を発信してきましたが、今回は調査の依頼を検討し始めてから、実際に浮気調査を依頼するまでに考慮するべきことを書いていきたいと思います。

そもそも浮気の証拠をとる必要があるのか

浮気の証拠をとる必要あるの?

いきなりこう言われて出鼻を挫かれたと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが「証拠を得るべきか、真実を知る必要があるのか」悩んでいる方はよく考えてみてください。

あなたは浮気をされている側であって、何か悪いことをしているわけではありません。見て見ぬふりをして浮気を放置することもできます。あなたの自由です。

世の中には配偶者が浮気をしているのを知っているにもかかわらず無視している人は数えきれないほどいます。既に配偶者に愛情がない方や現状の生活を維持したい方、浮気を追求しない方の考え方は人それぞれです。

浮気をされている、ならば浮気を止めなければならないと「なんとなく考えている」ならば少し考えてみてください。

しかし、浮気をされていることによるストレス、裏切られていることに対する虚しさや悲しみ、そういったものを抱えて生活するのが苦しい、頭を離れないというなら浮気が事実なのかどうか白黒はっきりさせるべきでしょう。

生活の維持を考える

探偵に浮気調査を依頼すべきか、浮気の証拠を集める必要はあるのか。それを考えるにはお金の問題から目を逸らすわけにはいきません。

当たり前ですが探偵に浮気調査を依頼すればお金がかかります。そしてかかる費用は安くありません。

探偵社によって料金が大きく異なるため、いくらかかるのか正確な金額をお伝えするのは難しいのですが、最低でも5万円、調査が長引けば50万円以上かかることもあります。当探偵社では平均すると20~30万円台の費用をお支払いいただくケースが多いです。

浮気に対する慰謝料を考慮すれば浮気調査にかかった費用を回収できる可能性は高いですが、慰謝料の支払いは浮気調査の終了後にすぐという訳にはいかないでしょう。ですから調査費用は事前に確保しておく必要があります。

また、ぼったくりとも言える金額を請求する悪質な探偵社にあたってしまうと、調査費用が慰謝料を上回るなんていう最悪のケースも考えられますのでご注意ください。この辺りは後程(次回更新)で詳しく説明いたします。

そして結果的に離婚となってしまった時のことも考えておかなければなりません。これは現時点で離婚を希望している・していないに拘わらず、将来的にそうなってしまった場合のことも考えてです。

共働きで安定した収入がある方は良いのですが、家事を専業とする主夫・主婦の方にとっては死活問題です。金銭的な問題があることにより、悔しさや悲しさを抱えたまま現状の生活を維持するしかないという方は多くいらっしゃいます。

離婚する・しないの決断は必要か

浮気調査を依頼する前に離婚をする・しないの決断は必要なのか?

離婚後の生活費にも目処がついている、もう夫・妻に未練は無い。こうはっきり断言できるのであれば離婚を前提として話を進めるのも良いでしょう。探偵側も離婚に向けて法的に問題のない浮気の証拠をとることに躊躇なく進んでいけます。

しかし、準備を怠ったまま感情的に離婚を決断してしまうことは避けるべきです。これはあなたの人生にかかわる問題です。一旦心を落ち着かせて、数日でも数週間でも今後について考える時間を確保してください。

浮気調査を依頼する前に離婚をする・しないの決断が必要かというと、そうではありません。実際に浮気調査を進めることで分かることも多々あります(浮気していなかったという結果もあります)。

仮に浮気が真実であったとしても、その後の話し合いでの夫・妻の態度を見てから判断しても遅くはないでしょう。

次回更新に続きます

長くなりましたので次回更新「浮気調査を探偵に依頼する際に重要なこと 02」に続きます。

次回は浮気調査を依頼した後に気を付けることや、探偵社の選び方等のアドバイスをできればと考えております。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。