浮気が原因で離婚、年金ってどうなるの?年金分割制度について詳しく解説

浮気が原因で離婚となると、考えることは山積み状態。その中で「年金」も大きな問題の一つではないでしょうか。

妻が専業主婦なのか働いているのかで分割方法も変わるので、ご自身がどのくらい年金をもらえるのかはとても気になる重要な問題なのではないでしょうか。

そこで今回は、離婚したときに年金分割で用いられる「年金分割制度」についてご紹介します。

年金分割制度とは

夫婦が支払った厚生年金や共済年金を指定された割合で分割する制度です。以前、専業主婦の割合が低すぎることが問題となったため、現在は専業主婦への割合が最大で50%の水準となり改善されました。共働きの場合は、合わせて二人で割った金額が受け取れます。

しかし、国民年金は対象外なので、夫が会社経営や自営業をしていて厚生年金や共済年金に加入していない場合、年金分割が難しいのでご注意ください。

年金分割には「合意分割」と「3号分割」の2種類

  • 合意分割

    合意分割とは夫婦間の合意又は裁判所の決定により厚生年金や共済年金を分割する制度です。婚姻期間に夫婦二人が支払った厚生年金や共済年金の納付記録を合算し、夫婦間での話し合いか、裁判所の判断でその割合を決定していきます。多くの年金分割がこの合意分割で行われています。
  • 3号分割制度

    3号分割とは、第3号被保険者(会社員または公務員の専業主婦)の請求によって、夫が支払った厚生年金や共済年金の納付記録の半分を分割する制度です。夫婦間の合意や裁判所の判断に関係なく、半分と定められていますが、対象が平成20年4月以降の第3号被保険者となりますので、婚姻期間の全てを対象とする合意分割と比べると受け取る金額が少ない傾向にあります。

年金分割の請求期間

離婚後2年以内であれば、年金分割の請求が可能です。しかし、なるべくまとめて話しておいた方が良いので、離婚の話し合いと同時に進めておきましょう。

合意分割での手続き方法は?

年金分割のほとんどで採用される合意分割の手続きについて触れたいと思います。まず重要なのが、年金情報通知書を入手する必要があるということです。

情報通知書には年金分割に関する情報が記載されており、重要な文書にです。年金分割のための情報提供書を作成し、年金事務所で書類提出をした後、年金情報通知書の中身が確認できます。手続き自体は難しいものではありません。

浮気が原因で離婚が避けられないのであれば

浮気の証拠を集めると同時に今回のテーマである「年金」のことや財産分与、慰謝料、親権等について早め早めに考えていきましょう。その中でも浮気の証拠を集めるのは特殊な仕事となりますので、私共探偵へのご依頼もご検討いただければと思います。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。