浮気を証明するために必要な証拠

浮気が事実であったことを裁判で認めてもらうにはどんな証拠が必要なのか、何となく想像はできるけど「厳密に」と言われると自信がないという方は多いかと思います。

また、裁判や調停等で浮気行為があったことが認められても、それが悪質であることを証明しないと、思うような判決や慰謝料が得られないことがあります。

そこで今回は裁判や調停で有力となる、浮気の証拠についてご紹介したいと思います。

裁判で必要となる証拠とは?

裁判で認められる浮気の証拠を「不貞行為」といい、法的な意味での浮気や不倫行為を指します。意外に思う方もいるかもしれませんが「異性との二人きりで食事」「異性とのキス」などの行為は「不貞行為」とは認められません。

裁判所で認められる「不貞行為」は、配偶者が浮気相手と性的関係を結ぶことを意味します。つまり、裁判所で不貞行為の事実が認められるには、あなたの夫・妻が浮気相手と性交渉(セックス)をしたという客観的な証拠が必要になります。

また、不貞行為で鍵となるのは「継続性」であり、不貞行為に継続性が無いと、一時的な気の迷いや出来心であると判断され、訴えが棄却されることもあります。

どんな証拠が不貞行為を立証するのか?

先ほど述べたように、不貞行為の事実を認めさせるには性交渉があった証拠が必要になりますが、実際に性交渉を行っている場面を撮影するのは極めて困難です。ですので、多くの場合、不貞行為があったと確認・推認できる証拠を提出します。

そこで、不貞行為を立証する最も有効な証拠としてラブホテル、一般的なホテル、住居の出入り等を撮影した映像が挙げられます。

ラブホテルへの出入りを押えた証拠は不貞行為を立証するものとして最も有力です。客観的に見ても性交渉を行ったことは明白なので、裁判所でもほぼ間違いなく認められます。

観光ホテルやビジネスホテルなどの一般的なホテルも浮気を証明する証拠として有効でしょう。しかし「仕事の都合」「別の部屋に泊った」などと言い訳される可能性もあるので、場合によっては複数回の証拠を押さえる必要があります。「仕事で利用した」ということであれば、勤務先に事実確認を行うなどするのも良いでしょう。

浮気相手自宅への出入りも十分な証拠となりますが、これは一般的なホテル等と「同等またはそれ以上」に、複数回の証拠を押さえることが重要になります。

証拠撮りは我々(探偵)にお任せください

先ほど挙げたラブホテルや自宅への出入りを証拠として押さえるには、長時間に渡る尾行や張り込みが必要になります。また、鮮明な証拠写真を撮影するためには、状況に応じた性能の高い撮影機器が必要です。更に、万が一、裁判になることを考えれば一回の浮気の証拠では弱いので、調査を複数回する必要があります。

いつ浮気行為がなされるか分かりませんし、尾行や張り込みも経験がない人が行うとバレる可能性は高まります。ご自身・ご家族・知人等の顔を知られている人物が尾行調査するのは、極めて困難です。尾行がバレてしまえば、その時だけでなく、以降、浮気の証拠を押さえることは絶望的になるといっても過言ではありません。

上記の通り、拘束時間や調査の正確性から見て、浮気調査は探偵に依頼することを強くおすすめいたします。探偵に頼むと少なくない費用がかかりますが、これはあなたの人生に関わることです。その後の人生に影響すると考えれば、調査費用をかけることに意味はあるはずです。しっかりとした証拠が得られれば、慰謝料その他、希望通りの判決が出やすくなるという利点もあります。

当探偵社はお支払いいただいた調査費用に見合う結果を出すことをお約束いたします。旦那様・奥様の浮気についてお悩みがありましたら、何時でもお気軽にお問い合わせ下さい。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。