妻の浮気で離婚!夫が親権を握るためにできることとは?相模原の探偵が解説

離婚して子供の親権をどちらに渡すかという問題になった際、夫が親権を求めても、多くのケースで妻に渡ってしまいます。たとえ離婚の原因が妻の浮気であっても、父親が親権を得にくいという事実は変わりません。

浮気をされ、子供も連れていかれるとなると精神的な苦痛はより大きいものになります。そこで今回、妻に浮気された場合、父親が親権を獲得するためにできることをご紹介いたします。

離婚の原因が妻の浮気でも親権が得られない!?

妻の浮気が原因で離婚したとしても、親権が妻に渡るというケースはよくあることです。この理由は「浮気」という行為は夫婦間の関係の問題であって、子供との関係の問題ではないからです。

たとえ浮気をしていたとしても、妻がしっかりと育児を行っていれば、妻に親権が渡ることは大いに考えられます。現在の日本では一般的に母親の方が子供と過ごしている時間が長いので、親権も母親が得る傾向にあります。

親権をどちらにするかの判断基準は?

親権を父親・母親どちらに渡すかの判断基準は、子供にとってどちらが有益なのかが重要なポイントになります。

  • 育児環境
    離婚した場合、両親は離ればなれで暮らすことになりますので、子供にとっては通う学校や周りの友達が変化する可能性があります。どちらが子供にとって心地良い環境なのかが重要になります。
  • 経済力
    子育てにはお金がかかりますので、経済力も大切なポイントになります。夫の方が稼いでいるケースが多いので有利になるとは思いますが、働きながらもしっかりと子育てができる証明が必要です。
  • 監護能力
    子供とともに暮らしていて、教育も含めた育児をすることを監護能力と言います。子供と仲が良いのか、子供の成長に時間を割けるのかが大切なポイントになります。そのため、これまで子供にどれだけ愛情を注いできたか、どのように接してきたのかが見られます。

父親が親権を得るためにできることは?

  • 育児に積極的であることの証明
    育児への積極的な参加を証明することは難しいことですが、お子さまが幼稚園や学校に通っているようであれば、行事に参加していたという事実が有効です。また、休日にお子さんとよく遊んでいたというのであれば、ご近所様やお子さまの友達の両親に証言をしてもらうのも有効でしょう。
  • 妻の浮気の証拠をしっかりと集める
    妻が育児を放棄して浮気相手に会っていることを証明できれば、それは夫にとって有利な証拠になります。なぜなら妻の浮気は夫だけでなく、子供への裏切りであり、第3者・裁判所も妻に親権を渡せばお子さんに悪影響が働くと考えるからでしょう。

    しかし、日中働いている夫が妻の浮気に関する証拠を十分に集めるのは難しいことですし、仕事を休んで浮気調査に時間を注いでいればマイナス材料になる恐れもあります。ですので、金銭的な負担が発生するという問題はありますが、探偵・興信所等に依頼して、確実な証拠を集めることは有効な選択肢の1つです。
  • 別居時は子供を連れていく
    離婚調停や裁判で、両親が別居している場合、子供と同居している親に親権を認める傾向があります。子供と同居していれば、問題なく子供と一緒に生活できるという事実が証明できます。やむを得ず別居する場合は、お子さまを連れて一緒に住めるように努力をするべきです。

私達、探偵・興信所はお子さまの親権獲得に関して、直接的なお手伝いはできません。しかし、奥様がお子さまを蔑ろにして浮気相手の男性に会っているようなことがあれば、私達、探偵・興信所はその証明をすることが可能です。親権を得るための材料が少しでも欲しいとお考えであれば、ぜひ一度、お問い合わせください。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。