浮気・不貞行為に関するお金のコト(慰謝料・養育費)

浮気の兆候を感じるのは些細なことからだと思います。しかし、それが続いたり他にも疑念が出てくれば少しずつ疑いは増していきます。夫・妻の浮気が確定した際、話し合いをしたとして、浮気をされた側なのに「悪いのはそっちのほうだ」と責任をなすりつけられたら、あなたはどういった思いを抱きますか?

そんな納得のいかない状況になれば、離婚という決断をしなければならないこともあるかもしれません。その場合、争点の一つとなるのがお金の問題です。

女性の方、特に専業主婦の方でしたら、収入が無くなることは死活問題であり、慰謝料や養育費をしっかりと獲得する必要があります。また男性の場合でも、必死に家族のために働いている方も多いでしょう。にも関わらず浮気されていたとなれば、悲しみ・悔しさといった感情を抱く方がほとんどだと思います。

それ相応の慰謝料の支払いを、浮気をした本人と浮気相手からしっかりとることが今後の人生・生活の為になり、また悲しさや悔しさを晴らす方法の一つになるのではないでしょうか。

そこで、今回は離婚による金銭面のお話をしていこうと思います。

慰謝料の相場

一般的に浮気をされた場合には慰謝料を請求することができます。その額は相場として、100~500万円とされていますが、これは、有責配偶者(浮気をした夫または妻)の収入や、その浮気の悪質度などによってさまざまに変化します。

  • 確実な浮気の証拠が必要
    浮気に対する慰謝料する、確実に慰謝料を受け取るためには、その浮気が事実であることをしっかりと証明しなくてはなりません。示談・調停・裁判等において浮気(不貞行為)が事実であると認められるには確かな証拠が必要ですが、それを当人のみで集めるのはなかなか難しいものです。
  • 証拠の量で慰謝料がかわる?
    疑惑のあるレシート(ホテルの領収書等)やクレジットの明細書をコツコツと集めておくことは大切ですが、決定打にかけているかもしれません。実は知らないところでもっと色々なことをしている可能性もあります。それらの事実がどれほど確かな証拠として受理されるかで慰謝料の額が変わることもあります。そのため、確かな証拠を得ることが重要になるのですが、その際、私共のような探偵に浮気調査を依頼し証拠をつかむことは最善の策の一つだと自負しております。警察などではそういった調査はしてくれませんので、ご自身または知人・家族等に頼れないのであれば、頼れるのは私共、探偵事務所ということになります。

養育費について

養育費に関しては、支払えない額、必要以上の額の請求は難しいですが、片親がいなくともしっかりと子供に成長してもらうためにも必要なお金なので、慰謝料同様にしっかり受け取れるようにしましょう。

この養育費は離婚原因が浮気ではない場合でも受け取ることができます。相場としてはお子様一人に着き3~5万円が平均かと思いますが、養育費も慰謝料同様、養育費を支払う側の収入等によって金額が増減します。「養育費を支払わない」ような離婚ケースもあるので、離婚条件を話し合う際にしっかり取り決めをしておいてください。

人生のパートナーが浮気をしているかもしれないという状況は悔しさや怒り、惨めさなど様々な感情が沸いていると思いますが、それを少しでも晴らすための手段として、一度私共にご相談ください。それぞれの相談者さまに合ったアドバイスをさせていただきます。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所 相模原」では神奈川県相模原市を拠点として、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・人探し等)を行っております。神奈川県相模原市の周辺地域(八王子市・町田市・厚木市・座間市・大和市等)では無料出張相談も行っております。移動経費等、一切費用はいただきませんので、お気軽にご相談ください。